バイアグラによる事故例

バイアグラは強力なED治療薬ですが、これは薬である以上それなりに警戒をしなくてはなりません。
薬には必ず用法用量が定められており、安全性を維持していくにはそれを熟読し、理解する必要があるのです。
ではバイアグラの用法用量を守らなかった、何らかのミスがあったことによって発生した事故にはどういったものがあるのかというと、日本国内の事例でいえばまず、1998年の事故があります。
これはバイアグラの流通が許可されるようになった1999年の一年前のことであり、この事故によってバイアグラは危険な薬であるという誤解が生まれました。
これはバイアグラの服用の前にニトログリセリンを服用していたことが原因です。
バイアグラは血管を拡張する作用があるのですが、これとニトログリセリンを併用してしまうと凄まじい副作用が発生してしまい、最悪の場合死にいたるとされています。
これは服用の際に必ずチェックするべき部分だったのですが、当時の男性は医師からではなく友人からもらったバイアグラを服用していたため、併用禁忌のことを知らずに事故が発生したと考えられています。
また近年、事故として増えているのが偽薬を使ったことによる事故です。
偽薬というのは特定の医薬品と誤解させることを想定して作られた違法の薬品のことであり、インターネット通販が一般化してからは特に被害が増えました。
海外からの個人輸入代行を利用した時、偽薬であることを知らないままに消費者がそれを服用してしまうことが事故の原因であり、さまざまな健康被害や、本来の作用が全く見られないと言ったようなことが発生しています。
しかしこれは消費者が適切な経路でバイアグラを入手していれば避けることができる事故です。
医薬品である以上は事故とは切っても切れない部分があるのは確かですが、そうしたリスクを減らすためにも用法用量をしっかり理解したうえで服用するようにしましょう。