バイアグラ事故報告書
バイアグラの事後報告書を確認する男性

近年バイアグラによる事故が後を絶ちません。多くの原因は、不正入手や不適当な使用方法によるものです。バイアグラの危険性をよく理解した上で正しい服用をはじめて下さい。

バイアグラは血圧を下げるが興奮度は関係ない?

身体的に性的な興奮度を求めるのなら、とうぜん健康な体が求められます。あとは精神的な問題がなければ、性的な刺激さえあれば興奮度は自然と高まることでしょう。
バイアグラは勃起力を高めてくれることで有名ですが、その作用はPDE5の活性を阻害してくれることです。PDE5は勃起を阻害する性質があるので、それを邪魔して勃起しやすいようにしてくれるわけです。
勃起するシステムですが、性的刺激を受けると陰茎の血管の内皮から一酸化窒素が放出されます。それを受けて血管を拡張するcGMPという物質がでます。すると血流が促進されて勃起するのです。
しかし、動脈硬化で血管の内皮が傷むと一酸化窒素の放出が十分でなくなります。もちろんcGMPの放出も少なくなります。だから勃起不全が起こるのですが、cGMPはPDE5に分解されて消えていくのです。バイアグラはこのPDE5の働きを阻害し、cGMPを消さないようにする効果があるわけです。
それはつまり、勃起を開始させるための薬ではなく、勃起を助けるための薬であるわけです。ですから、バイアグラは興奮度を上げる薬ではありません。
また、バイアグラの作用として血圧を下げることが挙げられますが、それは血管が拡張されるからです。精神的な興奮とは関係ありません。
栄養ドリンクも興奮度を高める効果はありません。あくまで体力のためです。身体面で性的な興奮を高めるには、男性ホルモンの一種であるテストステロンを分泌できる健康体が必要となるでしょう。
テストステロンは筋肉の成長や行動力、神経伝達速度の促進という効果がありますが、精力についても作用もあります。
栄養ドリンクも健康体のために飲むので、間接的に興奮を助けるといえます。あるいは、テストステロンを分泌するサプリもありますので、試してみるのも手でしょう。